月経不順が心配な患者さまへ

月経が毎月規則正しく来ない(月経不順)、月に2回も月経が来る、頻回に出血するなどの症状があるため、妊娠できないのではとご心配されていませんか?
このページではそのような不安にお答えします。

月経周期について

月経周期(月経が始まった日から次の月経が始まる日までの間隔)が25〜38日であれば正常です。
排卵が規則正しく発来すると月経も規則正しく来ます。言い換えれば、月経不順の患者さんは「排卵が不規則なので、月経も不規則になっている」となります。

排卵が規則正しい→月経が規則正しく来る
排卵が不規則→月経不順

妊娠するためには排卵日に性交を持たなければなりません。 そして排卵日に性交を持つことを「タイミング合わせ」といいます。
排卵が規則正しい方は、ご自身の排卵日を把握されていると思いますので、タイミング合わせがやりやすくなります。

月経不順だと妊娠しづらいと勘違いされていませんか?

そのようなことはありません。月経不順の方であっても自然排卵がある方はたくさんいらっしゃいます。確かにご自身の排卵日を把握しづらい点は否めませんが、「タイミング」を多めに持つことでそれをカバーすることができます。

つまり、いつ排卵が起こっても良いように、普段から週に2~3回タイミングを持つことがコツとなります。

月経不順の方が妊娠されるコツ

いつ排卵が起こっても良いように多めにタイミングを!!

とはいえ、月経が不順だと心配は尽きませんね。
下記のような場合はまずは相談だけでも受診していただいてもいいと思います。

相談内容について

  • 月経が不順なのでやっぱり心配
  • 排卵があるのかどうか確認したい
  • タイミングを指導して欲しい

いつでも受診してください。

受診された後

  • 排卵が無い月経不順
  • 排卵がたまにしか起こらない月経不順

と診断された方は、排卵誘発剤(排卵を規則正しくするための薬)を使用した方が良い場合があります。

排卵誘発薬について

当院では様々な排卵誘発薬の選択肢を用意しています。
一般的に広く使用されている排卵誘発剤には下記のものがあります。

内服薬
クロミッド
注射薬
hMG製剤やFSH製剤

これらの薬剤は排卵障害の患者さんに非常に有効で、当院でも使用頻度の高いお薬です。これらのお薬で妊娠していただけたらもちろんいいのですが、残念ながらこれらのお薬では排卵しない、妊娠されない場合もあります。
その様な場合でも妊活専門医療機関だからこそ使用できる排卵誘発剤として下記のものがあります。

内服薬
フェマーラ
注射薬
ゴナール(自己注射による排卵誘発剤)

当院ではこのような専門的なお薬を使用することで排卵を安定させ、妊娠していただけるように対応することが可能です。

排卵や月経が不規則になる理由

そもそも、排卵や月経がなぜ不規則になるのでしょうか?

答えは、そのほとんどの患者さんが「多嚢胞性卵巣」というタイプの卵巣を持っていらっしゃるからです。
多嚢胞性卵巣は病気ではありません。持って生まれた体質です。ですから治療や生活で変えられるものではありませんし、ある意味一生お付き合いしていくものです。

よく、「月経不順なので体質を改善したい」と患者さんはおっしゃいますが、残念ながらそれは難しいとお考えください。
多嚢胞性卵巣は生きていく上で何も支障はありません。しかしながら、上記で述べたように、「排卵」に関しては、私たち産婦人科医のサポートが必要になることがあります。

月経不順の方が妊娠するために私たち産婦人科医におまかせください

  • まずは自分たちで多めにタイミングをとってみる
  • 6ヵ月程度経過しても妊娠にいたらない場合は受診をする
  • 排卵の有無を診察し、場合により排卵誘発薬を使用することもある

月経不順の患者さんはほとんどの方がご妊娠されますので、あまり心配はいりません。
どうぞご安心の上、私たち産婦人科医にご相談ください。

月経不順の方が妊娠するために私たち産婦人科医におまかせください

診療予約

当院の診療は完全予約制です

  • 初診の方

    初診の方は電話のみでの予約となります。

  • 再診の方

    再診の方はネット予約を導入しています。

    ネット再診予約

    パソコン・スマートフォンから予約出来ます。
    ※要会員登録

診療受付時間

※当院の診療は完全予約制です。

8:50 ~ 12:30
16:50 ~ 19:30
休診日
  • 火・木・土曜日の午後
  • 日曜日 祝日
診療案内
当院はお産と妊活・不妊治療に特化したクリニックです。
⼀般婦⼈科診療(不正出⾎、下腹部痛、かゆみ、おりものの異常、更年期障害など)は対応いたしかねますのでご了承ください。